アメリカの今のコーヒー事情

8年前にアメリカのシアトルのコーヒーショップを視察した事もあり今のアメリカのコーヒーショップの事情と言うか流れは、すごいものを感じます。アメリカのコーヒーの消費は、以前世界一なのですが20年以上前に若者のコーヒー離れで一人当たり飲む量が半分に落ち込んでしまい、それは美味しくないコーヒーを提供し続けていた結果に他無い事のみでした。今のアメリカのコーヒーショップで不味いコーヒーを出している店を探すのが難しい程になりました。あるいは豆の販売に置いても同じと考えられます。日本はの喫茶店は減少傾向なのもうなずけます。アメリカはすごいと思いますが、喫茶文化と、もともと日本人jは味に繊細な文化性があるので良いコーヒーを愛情を持っていいコーヒーとやる気を出せば巷のコーヒー屋さんも上手くいくと思います。当店のコーヒーもシアトルのコーヒーを経験してその感性を大切にして営業しております。
[PR]
by bunka1129e | 2017-04-10 16:26 | Comments(0)

コーヒー豆の店を営みながらコーヒー豆のことをスケッチブックに描くように皆様にお伝え出来たら嬉しい。


by bunka1129e
プロフィールを見る
画像一覧